ビットコイン取引所を比較してみました。おすすめ取引所を選定!

bitFlyerのメリットデメリット

bitFlyerは取引所としてビットコインの売買が有名になる前から開設されていて、ビットコインの取引量において世界シェアがトップになっているということが特徴です。取引量だけでなくユーザー数も非常に多いためサーバーが強固で、価格の表示が遅れたり注文が通らないということが滅多になく安定した取引を行えることがメリットです。初心者ならbitFlyerを選んでおけば間違いありません。
しかし、ビットコイン以外の仮想通貨を売買することは出来ず、販売所で購入しなければなりません。そのため手数料が高くなり、ビットコインだけではない複数の仮想通貨を取引したいのであればその点が大きなデメリットになってしまうのです。

Zaifのメリットデメリット

Zaifはほかの取引所に比べると知名度で劣りますが、手数料が無料になっているという大きなメリットがあります。それどころか、ビットコインの取引を行うと取引価格の0.01パーセントがボーナスとして付与されるという特典があることで初心者に絶大な支持を得ています。多少の損失を被ったとしても、このボーナスで補填することが可能だからです。また、マイナーな通貨も取り扱っているのでこれから価値の上昇が期待される通貨を購入しておくことにも向いています。
一方で、アプリの操作性はデメリットの一つに数えられます。直感で操作しづらいインターフェイスになっているため取引を行う際は操作に間違いが無いか確認することがおすすめです。

coincheckのメリットデメリット

coincheckはビットコインをはじめとする仮想通貨取引所のなかでも特に有名で、数多くの媒体に広告を出しています。アプリの操作性に優れているため発注ミスが減り、特にビットコインの取引になれていない初心者向きの取引所だと言えます。ウェブサイトの構成も分かりやすく、欲しい情報にすぐたどり着けることがメリットです。
一方で、デメリットとしては手数料の高さが挙げられます。ほかの取引所と比べて際立って高いということはないものの、取引量が多くなるとそれだけ手数料がかさむため少しの差も気になってしまうのは仕方ありません。売買結果においてその差が利益を圧迫してしまうこともあるため、今後の改善に期待したいところです。

ビットコイン取引所のまとめ

ビットコイン取引所で最初に使って欲しいのがbitFlyerです。最大手取引所であり、補償も500万円まであります。取り扱い通貨数も7種類と他の取引所と比べ、数は多いです。今後上場される通貨にも期待できます。最近ではLiskが上場されました。今回参考になったのは仮想通貨ドリームというブログの「ビットコイン取引所おすすめ3社を比較! 実際に1ヶ月使用して評価しました」という記事です。比較表が分かりやすく大変参考になりました。見落としがちなレバレッジの倍率や取引手数料などが一覧でまとめて比較出来ます。bitFlyerはなんといってもアプリの操作が簡単で分かりやすいです!是非使って体験してみてください。