銀行のカードローンのメリット

銀行のカードローンとは、メガバンク、都市銀行、ネット銀行、地方銀行などが発行しているカードローンのことです。信用金庫や労働金庫が発行しているカードローンは厳密に言うと違いますが、ここでは信用金庫や労働金庫のカードローンなども同じようにして考えてみます。銀行カードローンのメリットは、金利が低いということにあります。消費者金融では最高18%の金利がかかりますが、銀行カードローンの場合には金利は最高でも14.0%~14.8%くらいになっています。中には、限度額50万円で借りた場合でも固定金利の8.0%しかかからないようなお得な商品も存在しています。また、金融機関に信用があるということも大きなメリットです。消費者金融は昔は「サラ金」と呼ばれており、そこで借りている人は信用ができないとか、危ないというイメージをもたれていました。非常に高い金利が設定されていたので、破綻のリスクが高く、サラ金でお金を借りて借金地獄に陥った人もたくさんいました。現在の消費者金融では法律がしっかりと守られており、昔と比べると良心的になっています。そのため、消費者金融との差はそれほどなくなってきていますが、やはり今でも信用がある金融機関と言えば、銀行であると言う人が多いでしょう。

また、住宅ローンを利用していたり、給料の振込口座に設定していたりすると、優遇金利が適用されるということが多いということもメリットです。複数の金融機関を利用するよりも、1つの金融機関で住宅ローン、普通預金口座、投資信託などのサービスを集中して利用をしたほうが、優遇される傾向があります。住宅ローンを利用している人向けの専用のカードローンが用意されていることがあり、優遇金利が適用されるので金利は2.0%~7.0%くらいと非常に低く設定されていることもあります。一時的にお金を借りる場合には消費者金融を利用することも悪くはありませんが、長期でお金を借りる場合には、やはり金利が低い銀行で借りたほうが利息がはるかに節約できます。